SUPER MOTARD MOTO1-KANTO TOHOKU
2010年10月31日 第6戦 茂木大会

moto1OPENクラス レースレポート


[動画撮影、としにぃ


moto1 OPEN レースレポート

10月31日、栃木県のツンリンク茂木サーキットでMOTO1 KANTO TOHOKU AREA 第六戦が行われた。今シーズンの最終戦に当たる今大会だが台風14号の影響でダート区間をパスしたフルターマックでの開催となった。

茂木特有の高速コーナー、一時的に降る霧雨により変わるコースコンデイション等非常に難しいが、ダートキャンセルのためジャンプ等は一切無い。これは併催されるALL STARSでも同様でmoto1 PROクラスのライダーからはPROクラスだけでもダート区間を使う提案も出されたが、ライダーズミーテイングで審議された結果、全クラスフルターマックで競技を行う事が決定した。

moto1 OPEN のエントリーは9台。予選でポールポジションを獲得したのは今回初参戦の#55 吉田(Hon/CRF450R)、続いて#44高橋(タービュランス・レーシング-KTM/450SMR)、#45山田(415Riders-Hon/CRF450R)、#7帆苅(ARJタービュランスIRC-Kaw/KX450F)、がフロントローにマシンを並べる。ランキング首位の#36石坂(あいつとバリバリBCR-Suz/DR-Z400S)は5番グリッドでセカンドローからのスタートとなる。

迎えた決勝、ホールショットを決めたのはポールポジションからスタートの#55吉田、続いて#44高橋、#36石坂、#56今井(MS五郎Racing-Hon/XR650R)、の順で1コーナーへ入って行く。しかし、3コーナーで#44高橋が一瞬挙動を乱した隙に#36石坂、#56今井の2台がパスしてポジションを上げる。3番グリッドからスタートの#45山田はジャンプスタートとなってしまった。

オープニングラップをトップで帰ってきたのは#55吉田、少し離れて#36石坂と#56今井がサイドバイサイドでコントロールラインを通過、直後ろに#44高橋が着けている。2周目の1コーナーは#56今井が取り2番手にポジションを上げる。

#55吉田は序盤にして単独首位の体制を作り、後続との距離を測りレースをコントロールしている。3周目のホームストレート、トップは#55吉田、2番手に#56今井、その後ろの3位争いで今度は#44高橋が#36石坂に並びかけ1コーナーで3番手に浮上、さらに4コーナーでは#56今井のインを刺し#44高橋が2番手までポジションを上げる。5番手にはレーシングラジアルでは無く、公道用バイアスタイヤでmoto1 OPENを戦う#71帆苅が着ける。

レース中盤に入った5周目、パッシングポイントを探っていた#36石坂が#56今井を4コーナでパスしてポジションを三番手に上げる。

後半に入るとトップ#55吉田が徐々にマージンを広げ、2番手#44高橋、3番手#石坂も単独走行となり周回数を消化し最終ラップを迎える。

優勝はポールトゥウインで#55吉田(Hon/CRF450R)、2位#44高橋(タービュランス・レーシング-KTM/450SMR)、3位#36石坂(あいつとバリバリBCR-Suz/DR-Z400S)、4位#56今井(MS五郎Racing-Hon/XR650R)、5位#71帆苅(ARJタービュランスIRC-Kaw/KX450F)となった。

2010シリーズチャンピオンはmoto1 OPENクラスのマシンとしてはスペック的に決して有利とは言えないDR-Z400を駆りながらも、常に安定した走りで上位入賞をした#36石坂に決定した。

最終戦にして初出場ポールTOウィンを飾った#55吉田雄一選手は元国際A級のロードライダーで 、全日本スーパーバイク選手権出場の経験を持っている。 また2001年からはモトクロスを始め、MCFAJのエキスパートクラスにも参戦しており 今回の優勝がダートセクションキャンセルによるものでは無い実力を持つ。期待の新星がまたMOTO1に登場してきた。










REPORT TOP